Home > チーム医療活動 > 隔離・身体拘束使用防止のための介入技術 ”Six Core Strategies”(主要6戦略)の紹介 (PAGE 4)

隔離・身体拘束使用防止のための介入技術”Six Core Strategies”(主要6戦略)の紹介 〜 およびデータ利用について 〜

行動制限最適化データベースソフト eCODO

 当部では、2006年に一覧性台帳の整備が精神科病院に義務づけられたことを契機に、施行量の指標を簡便に継続的に、多くの施設で収集できることを目的に「行動制限最適化データベースソフト eCODOイーコード」(Coercive measures Database for Optimizing) の開発を行ってきた(文献21)。データベースソフトを用いて日々の行動制限の状態を記録することによって、一覧性台帳のほかに、施行量指標の台帳が出力できる。台帳はCSV形式でも出力できるため、自施設でグラフを作成するなどして(図2、3)、自施設の施行状況の検討やスタッフへの周知などを行うことを容易にする。2011年1月現在、3施設でeCODOは運用されている。

図2 eCODO2.1での施設内分析例1 図3 eCODO2.1での施設内分析例2

 また、eCODOはセンターシステムとしての開発段階に進んでいる。センターシステムに参加した施設は、四半期ごとに自施設の施行量データをセンターに送付することによって、参加している全施設と自施設のデータを比較できる形でフィードバックを受けることができる (図4,5)。これによって、自施設の施行量の特徴をつかみ、対策を検討することを可能にする。また、多くの施設がセンターシステムに参加することによって、630調査のような全数調査ではないものの、詳細な施行量データを迅速に分析することができるため、最適化に向けた対策を検討するためには、非常に有用なデータとなっていく。

図4 フィードバック仕様例1 図5 フィードバック仕様例2

終わりに

 隔離・身体拘束の施行量に関する国内の発表はまだ少ない。今後、一施設であっても、何らかの介入が行われ、その前後の施行量が測定され、観察研究という形で発表がなされる。そして、その知見が積み重ねられていくことが、我が国での最適化への対策検討において非常に重要である。

文献

  1. 浅川佳則, 小林貴子, 須田幸治, 天賀谷隆: 最小化に向けたそれぞれの実践と課題. 精神科看護. 36 (通巻207号): 17-23, 2009
  2. Australian Counsil on Healthcare Standards: Australasian Clinical Indicator Report: 2001 - 2009. http://www.achs.org.au/cireports/ . 2008
  3. Bowers L, Van Der Merwe M, Nijman H, et al: The practice of seclusion and time-out on English acute psychiatric wards: the City-128 Study. Arch Psychiatr Nurs 24: 275-286, 2010
  4. California Department of Mental Health: Seclusion and restraint data. http://www.dmh.ca.gov/services_and_programs/state_hospitals/S_and_R/Default.asp . 2010
  5. Hamel CJC, Jackson DS: Highlights of the 2007 Institute on Psychiatric Services. Psychiatr Serv 59: 8-13, 2008
  6. 包括的暴力防止プログラム認定委員会: 医療職のための包括的暴力防止プログラム. 東京, 医学書院. 2005
  7. Huckshorn K, Stromberg N, LeBel J: Trauma informed care. http://www.health.vic.gov.au/chiefpsychiatrist/creatingsafety/ntac/module6.pdf . 2004
  8. Huckshorn KA: Reducing seclusion restraint use in mental health settings: core strategies for prevention. J Psychosoc Nurs Ment Health Serv 42: 22-33, 2004
  9. 福田きぬ子: 外からの視線が意識改革を支える,第三者が加わった行動制限最小化委員会の活動. 精神科看護. 31 (通巻147号): 30-33, 2004
  10. Husum TL, Bjorngaard JH, Finset A, et al: A cross-sectional prospective study of seclusion, restraint and involuntary medication in acute psychiatric wards: patient, staff and ward characteristics. BMC Health Serv Res 10: 89,
  11. 泉田信行, 野田寿恵, 杉山直也, 伊藤弘人: 精神科急性期治療導入時の資源投入量に関する調査・検討. 精神医学. 52: 773-782, 2010
  12. Janssen WA, Noorthoorn EO, de Vries WJ, et al: The use of seclusion in the Netherlands compared to countries in and outside Europe. Int J Law Psychiatry 31: 463-470, 2008
  13. Keski-Valkama A, Sailas E, Eronen M, et al: A 15-year national follow-up: legislation is not enough to reduce the use of seclusion and restraint. Soc Psychiatry Psychiatr Epidemiol 42: 747-752, 2007
  14. 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 精神保健計画研究部: 精神保健福祉資料. http://www.ncnp.go.jp/nimh/keikaku/vision/630data.html . 2007
  15. Martin V, Bernhardsgrutter R, Goebel R, et al: The use of mechanical restraint and seclusion in patients with schizophrenia: a comparison of the practice in Germany and Switzerland. Clin Pract Epidemol Ment Health 3: 1, 2007
  16. Medscape Medical News: Preventing Violence and the Use of Seclusion and Restraint: An Expert Interview With Kevin Huckshorn. http://www.medscape.com/viewarticle/711633 . 2010
  17. National Mental Health Seclusion and Restraint Project: National Mental Health Seclusion and Restraint Project (NMHSRP) National Documentation Outputs
    http://www.nmhsrp.gov.au/c/mh?a=sendfile&ft=p&fid=1256103861&sid= . 2009
  18. 日本精神科看護技術協会: 行動制限最小化看護. 東京, 精神看護出版. 2007
  19. 日本総合病院精神医学会 教育・研究委員会: 身体拘束・隔離の指針. 東京, 星和書店. 2007
  20. 野田寿恵, 杉山直也, 川畑俊貴, 平田豊明, 伊藤弘人: 行動制限に関する一覧性台帳を用いた隔離・身体拘束施行量を示す質指標の開発. 精神医学. 51: 989-997, 2009
  21. 野田寿恵: 行動制限最適化データベースソフト『eCODO』の開発. 精神科看護. 36 (通巻207号): 35-40, 2009
  22. Smith GM, Davis RH, Bixler EO, et al: Pennsylvania State Hospital system's seclusion and restraint reduction program. Psychiatr Serv 56: 1115-1122, 2005
  23. 杉山直也, 野田寿恵, 川畑俊貴, 平田豊明, 伊藤弘人: 精神科救急病棟における行動制限一覧性台帳の活用. 精神医学. 52: 661-669, 2010
  24. Te Pou: Survey of seclusion nad restraint reduction initiatives New Zealand, acute mental health services.  http://www.tepou.co.nz/file/DHB-SURVEY-REPORT_FINAL.pdf . 2008
  25. 内村英幸, 吉住昭: 精神科保護室の看護とチーム医療 −困難事例への対応と援助 −. 東京, 金剛出版. 2002
  26. 内谷浩一: 開放観察のシステムと患者とのかかわり. 精神科看護. 36 (通巻207号): 24-29, 2009
  27. Valimaki M, Scott A, Lahti M, Chambers M: The Changing Face of Psychiatric Nursing -Care or Control? .  http://www.med.utu.fi/epsychnurse/results/publications/ . 2008
  28. 横田美根, 筧淳夫, 野田寿恵, 杉山直也, 伊藤弘人: 精神科救急病棟の空間構成と隔離・身体拘束との関連. 精神医学. (印刷中),
  29. 吉浜文洋, 杉山直也, 野田寿恵: 精神保健領域における隔離・身体拘束最小化 −使用防止のためのコア戦略 −. 精神科看護. 37 (通巻213〜216号 短期連載), 2010

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2011年03月18日