Home > チーム医療活動 > フィンランド精神科急性期医療における隔離・身体拘束 (PAGE 7)

フィンランド精神科急性期医療における隔離・身体拘束

おわりに

 各国のS/R施行時間に関する結果を表1に示したが、日本においてはこれらの国と比べ長期間使用している可能性がある。フィンランドの精神科医療のシステムを知ることで、日本でどのような対応をしていくべきか参考になると考える。1)外来診療にあたる各施設の専門性と施設間の連携および訪問看護による地域での重症化や緊急性の回避、2)救急時の精神病院へのシンプルなアクセス、3)精神科病棟の人員配置と病棟構造、4)S/R中のスタッフによる密な観察とスタッフ間の連携、これらについてさらに理解を深めて行く必要がある。
 入院時の強制治療がその後の服薬態度に影響を及ぼすことが示されている(文献12)。日本の精神科医療においても、強制性の強いS/Rの施行期間を短くするような取り組みによって、人権擁護の問題にとどまらず、その後の入院医療、さらには退院後の外来医療の改善につながるようにしたい。

文献

  1. Korkeila JA,Tuohimaki C,Kaltiala-Heino R:Predicting use of coercive measures in Finland.Nord J Psychiatry 56:339-345,2002
  2. フィンランドテーブル.日本フィンランド協会,東京,2000
  3. フィンランドテーブル第2集.日本フィンランド協会,東京,2006
  4. Keski-Valkama A,Sailas E,Eronen M:A 15-year national follow-up: legislation in not enough to reduce the use of seclusion and restraint.Soc Psychiatry Psychiatr Epidemiol:2007 Jun 27,
  5. Smith GM,Davis RH,Bixler EO:Pennsylvania State Hospital System’s Seclusion and Restraint Reduction Program.Psychiatric Service 56:1115-1122,2005
  6. Martin V,Bernhardsgrutter R,Goebel R:The use of mechanical restraint and seclusion in patients with schizophrenia: A comparison of the practice in Germany and Switzerland.Clinical Practice and Epidemiology in Mental Health:2007 Feb 4,
  7. the Australian council of Healthcare standards, clinical indicator report. http://www.achs.org.au/Home/
  8. 浅井邦彦:精神科医療における行動制限の最小化に関する研究.平成11年度 厚生科学研究費補助金(障害保健福祉総合研究事業)精神障害者の行動制限と人権確保のあり方.2000
  9. Zusman J:Restraint and Seclusion, Third Edition: the JCAHO Standards and Federal Regulations,Opus Communication,2001
  10. Qurashi I,Johnson D,Johnson B:Reduction in the use of seclusion in a high secure hospital in the UK: a retrospective analysis.WPA thematic conference, coercive treatment in psychiatry, Dresden, 2007
  11. Isohanni M,Larivaara P,Winblad I : Perusterveydenhuollon psykiatria..Duodecim,Helsinki,1996
  12. Day JC,Bentall RP,Roberts C:Attitude Toward Antipsychotic Medication.Arch Gen Psychiatry 62:717-724,2007

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2007年11月09日