Home > 活動レポート > 医療法人せのがわ 瀬野川病院

9)24時間対応の精神科救急情報センターについて

広島県では、24時間体制の精神科救急情報センターを当院が担当しています。

精神科救急情報センターの活動

 広島県と広島市は広島県精神科病院協会に24時間体制の精神科救急情報センター業務を委託しました。その結果、平成13年4月より広島県精神病院協会の事務局のある当院で業務を開始しました。

 24時間体制のうち、日勤帯は当院の精神保健福祉士2名が対応します。夜勤帯は病院当直者を経て病棟勤務者を除く主任以上の看護師が対応し、これを当直医がバックアップするようにしています。

 図1は広島県精神科救急情報センターの平成16年度の利用状況です。情報センターの主たる業務は、図2の広島(県・市)精神科救急医療情報ネットワーク概念図のごとく、相談・紹介・救急システム・こころのケア110番(広島県精神科病院協会の単独事業)・保健所に対する34条などのふりわけ作業となっています。

図1 平成16年度広島(県・市)精神科救急情報センター状況 図2 広島(県・市)精神救急医療情報ネットワークシステム概念図

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2005年11月25日