Home > 活動レポート > 医療法人コミュノテ虹と風 のぞえ総合心療病院

6)就労支援

通所授産施設「のぞえ 風と虹」

 レストラン「ティア風と虹の店」は一般企業での就労が困難な人や、将来就労を希望する人に就労支援を行い、社会復帰を促進するために設立されました。現在就労を目指すメンバースタッフ50名が登録されており、毎日約15名が働いています。ここで働くメンバースタッフは治療の場では見られない明るい表情で仲間と語り、障害者としてではなく一社会人として明るく活動しています。

のぞえ 風と虹外観写真

のぞえ 風と虹 内部(昼)写真

のぞえ 風と虹 内部(夜)写真

 就労時間はそれぞれのメンバースタッフの状態に合わせ1日1時間から7時間の範囲で、月20日程度働いています。なお、賃金は1.職場(環境整備、パン工房、厨房、フロアー等)、2.求められる能力、3.就労日数、4.就労時間、5.評価によって最高9万円から平均額3万円が支払われます。今後多くのメンバースタッフがレストラン「ティア風と虹の店」を利用し、一般企業へ送り出すことを願っています。

「のぞえ 風と虹」の目指す役割と使命

通所授産施設は治療の場ではなく(治療は病院で)、就労の場とする。

1.精神障害者の保護的就労ではなく一般就労への支援〜就労支援する職場が社会に開かれ、認知される必要がある
スタッフ レストランの水準を保ち、お客様から愛される店とする。
メンバースタッフ 自分の水準に合わせることなく、職場の水準に合わせるよう勤める
2.精神障害者への偏見を払拭し社会復帰を促進
スタッフ メンバースタッフが活動できる舞台づくりを演出をする。
メンバースタッフ 元気で働き、お客様に病的な姿を決して見せない。


掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2006年09月01日