Home > 活動レポート > 医療法人コミュノテ虹と風 のぞえ総合心療病院

3)治療共同体 (Ⅳ)


■チーム医療

 のぞえ総合心療病院の治療共同体≠支える手段として当院の治療スタッフはチーム医療を実践しています。精神科医、看護スタッフ、臨床心理士、精神科ソーシャルワーカー、作業療法士、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士からなる治療チームは、それぞれが専門性を発揮しながら 治療に当たり、治療共同体≠支えています。 そして、このような治療実践を通じてスタッフ自身は患者さん とのかかわりのなかに気づき≠竍学び≠発見し、なにものにも代えがたい充実感を得ています。

スタッフミーティングの様子

 毎朝、医師はじめ患者さんに携わるスタッフは院内LANや電子カルテを用い、患者さんの情報を持ち寄り、ミーティングに参加します。ここでは当法人で整備されている主治医の評価や指示を求めると同時に、他医師やスタッフからの助言を受け、より適切な治療のプロセスを確立します。
 このミーティングは、役割の違うスタッフ同士の業務の共有化と統合を図り、治療共同体≠支えるチー ム医療を充実させる役割も果たしています。

スタッフミーティングの構造

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2006年09月01日