Home > 活動レポート > 医療法人コミュノテ虹と風 のぞえ総合心療病院

3)治療共同体 (Ⅰ)

−治療共同体とは−(個人情報保護に関する同意書)

 のぞえ総合心療病院では、患者さんは治療の最初から多くのミーティング(集い、話し合い)に参加するという体験をします。それは治療共同体≠ニいう基本的な考え方があるからです。
 患者さんは心≠フ問題で入院していますが、心のすべてが病 んでいるわけではありません。心の病んだ部分には癒しが必要です。そのためにも休息、睡眠、栄養を十分にとり、処方された薬を服用し、安心できる環境の中でリフレッシュする必要があります。
 しかし、同時に患者さんは、ここの共同体(コミュニティー)の一員として心の健康な部分によって、他の患者さんを助けるという体験もできるのです。共同体の中で役割を果たし、責任の一端を担うこともできます。 つまり、患者さんが自分自身の心を開き、他の患者さんたちと共 に分かち合うことが当院における治療の基本になるのです。

〜受診から社会復帰まで〜

受診から社会復帰まで

<入院中の治療プログラム>
1. 主治医による回診 2. 病棟コミュニティーミーティング 3. 患者・スタッフミーティング 4.個人精神療法 5. 家族療法 6. 新入院患者ミーティング 7. 疾患別専門治療  8. 薬剤情報管理指導 9. 栄養管理指導 10. 作業療法 11. 朝の集い

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2006年09月01日