Home > 活動レポート > 医療法人安積保養園 附属あさかホスピタル

治療と診療  


〜あらゆるニーズに応える全身管理と専門医療〜

 あさかホスピタルでは「心と脳の専門機関」として、地域の人々のあらゆるニーズに応えるよう、精神科、神経科、脳神経外科、心療内科、小児科、歯科、小児歯科、矯正歯科と多彩な診療科を備え、専門的な治療を行っています。

精神科

 医師を中心に子供からお年よりまで、全ての方々の"心の病"に対して様々な専門スタッフがチームとなり治療を行っています。思いやりと奉仕の精神で患者さんをサポートします。

専門外来

 心と脳の専門機関としての診療機能を最大限に生かし、もの忘れ外来、心身症外来、こどもの心外来、頭痛外来、めまい外来、漢方外来など多数の専門外来を開設しております。

・もの忘れ外来

 もの忘れが気になり始めた方やお困りの方及びその家族の方のための外来です。適切な相談や生活指導とともに、必要な場合、治療リハビリに必要な施設も整備しています。

・心身症外来

 現代は心理、社会ストレスの時代であり、自律神経が緊張し心身症が多くなっています。過呼吸症候群、摂食障害が代表的なもので、弊院の日本心身医学会認定専門医の治療により軽快します。

・こども心外来

 子供のイライラ、多動、不登校、ひきこもり、友達と遊ぶことができない、いじめられる等の子供の問題に対しご両親の相談に応じ、必要な治療や集団療法を行います。

・頭痛外来

 日本人の30%が頭痛に悩んでいるといわれています。多くの人は″頭痛持ち″だとあきらめて我慢しています。今では頭痛の研究が進み、原因が明確になってきています。特に「偏頭痛」は画期的なの飲み薬が登場しているので、あきらめず是非受診をお勧めします。

・めまい外来

 めまいは多くは耳の前庭機能障害が原因であり1週間程度で改善します。この他脳の循環障害の場合もありますが、MRAの血流像検査で簡単に診断できます。

・漢方外来

 漢方は副作用が少なく、また症状に対し原因を把握して全身治療を行うことから、西洋医学とうまく組み合わせて診断することが最適の治療法です。

脳神経外科

 頭痛、めまいなど頭部疾患だけでなく、手足のしびれ、腰の痛みといった脊椎疾患に至る幅広い診療を行っています。また、専門的な心理検査による脳ドックも実施しています。

内科

 心と体の両面からの治療体制を目指し「心のこもった治療」を行っております。また、最新の検査・診断に対応する医療機器も備えております。

歯科

 一般・小児の"歯科治療"や"歯科相談"のほかに、最新の画像診断(CR・3DCT)を使用した矯正歯科も行っております。

高度医療機器を活用した診断

 心と脳の専門機関として患者さんの病状を的確に把握し適切な治療を提供するためには、全身管理ができる医療体制整備が必要です。あさかホスピタルでは、高度医療機器を備え質の高い検査が行える体制が整っております。

MRI ヘリカルCT CR
(磁気共鳴断層画像装置)造影剤を使わないため安心して苦痛を伴わない検査ができます。 高速で撮影が出きるので、検査時間が大幅に短縮でき、動画表示、立体表示も可能です。 (コンピューテッド・ラジオグラフィー)従来のレントゲン写真にコンピューター処理を加えることによって精度の高い診断が可能となりました。
MRI CT CR


掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2003年04月09日