Home > 活動レポート > 医療法人安積保養園 附属あさかホスピタル

あさかフェスティバル

 記念すべき、第一回目となる「あさかフェスティバル」が秋晴れの空の下で開催されました。
今回のフェスティバルは、あさかホスピタルを中心に、安積保養園グループ三法人十一施設が共催して開催されました。
「手をつなごう! 飛び立とう!」をコンセプトに、多くの地域の皆様にご参加頂き、入場者数も1200人を超え大変賑わいました。

あさかフェスティバルオープニング写真

あさかフェスティバル会場写真

あさかフェスティバル会場写真

 私達が、今回の「あさかフェスティバル」を開催するにあたり、最も大切にした事は「地域ネットワークを大切にし、より親しまれ信頼される医療機関を目指す事」でした。そのためにも、まず病院に対して明るく、開放的で楽しいイメージを持って頂けるよう努めました。そこで、会場全体をバルーンを使って飾り付けを行う「バルーンアート」や「風船飛ばし」など演出を行いました。
 スタッフや子供達そして出演者などに色分けした小さな風船を肩につけていただきより一層フェスティバルを盛り立てました。
 また、出店やゲームコーナーも各施設ごとに担当し大変賑わいました。特に「1000食無料豚汁」は大変好評でした。また、医療機関の特色を生かし、「健康相談コーナー」や「栄養指導コーナー」「OT作品展示コーナー」「昔遊び体験コーナー」など様々な特色を持ったブースが展開されました。
 最後には「よさこい踊り」が行われ地域からのグループや患者さんとスッタフのグループなどが競演しフィナーレとなりました。
ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。
以上



掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2003年04月09日