Home > 精神科医療制度・法律 > 第3章−2「介護報酬(居宅サービス:訪問看護)」(PAGE 4)

第3章−2「介護報酬(居宅サービス:訪問看護)」

 
⑦特別地域訪問看護加算 「1回につき所定単位数の15%を加算」
 特別地域訪問看護加算は、特別地域に所在する訪問看護事業所又はその一部として使用される事務所(離島等のサテライト事務所)の看護師等が訪問看護を行った場合、1回につき所定単位数の15%を所定単位数に加算します。
 ただし、この所定単位数には、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算は含めません。
 また訪問看護の特別地域訪問看護加算は、支給限度額管理の対象外の算定項目です。
特別地域
⑧中山間地域等の小規模事業所加算 
中山間地域等の小規模事業所加算
 中山間地域等における小規模事業所加算は、特別地域訪問看護加算の対象外である中山間地域等、一定の地域に所在する小規模事業所(1月当たり延べ訪問回数が100回以下の事業所)が訪問看護を行う場合に、規模拡大や経営効率化が困難な小規模事業者の高い人件費を踏まえ、訪問看護ステーション、病院又は診療所から訪問看護を行う場合は1回につき所定単位数の10%を加算し、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所と連携して行なう場合は1月につき所定単位数の10%を加算します。ただし、この所定単位数には、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算は含めません。
 なお、訪問看護の中山間地域等の小規模事業所加算は、支給限度額管理の対象外の算定項目です。
中山間地域における小規模事業所の対象地域
⑨中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算
中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算
 中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算は、訪問看護事業所が通常の事業の実施地域を越えて中山間地域等の居住者に訪問看護を提供した場合に、移動費用が相当程度必要となることを踏まえ、訪問看護ステーション、病院又は診療所から訪問看護を行う場合は、1回につき所定単位数の5%を加算し、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所と連携して行なう場合は1月につき所定単位数の5%を加算します。
 ただし、この所定単位数には、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算は含めません。
 また、訪問看護の中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算は、支給限度額管理の対象外の算定項目です。
中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算の対象地域
⑩緊急時訪問看護加算

 緊急時訪問介護加算は、利用者又はその家族等からの電話等で看護に関する意見を求められた場合に24時間連絡できる体制の事業所が、24時間体制のあることや計画的に訪問することになっていない緊急時訪問を必要に応じて行う事を説明し同意を得た場合、訪問看護ステーションからの場合は1月につき540単位を、病院又は診療所からの場合は1月につき290単位を所定単位数に加算します。
 なお、医療機器等を使用する者等、特別な管理が必要な状態の者へ2回以降の緊急時訪問を行った場合は、夜間・早朝、深夜の加算が算定できます。
 また、訪問看護の緊急時訪問看護加算は、支給限度額管理の対象外の算定項目です。
⑪特別管理加算 「(Ⅰ)1月につき500単位を加算 (Ⅱ)1月につき250単位を加算」
 特別管理加算は、利用者が別に厚生労働大臣が定める状態であり、特別な管理を必要とするため 訪問看護事業所が訪問看護の実施に関する計画的な管理を行った場合に算定します。
 特別管理加算(Ⅰ)は、厚生労働大臣が定める状態の(a)に該当する状態にある者に対して訪問看護を行う場合に1月につき500単位を所定単位数に加算します。また特別管理加算(Ⅱ)は、厚生労働大臣が定める状態の(b)から(e)に該当する状態にある者に訪問看護を行う場合に1月につき250単位を所定単位に加算します。
厚生労働大臣が定める状態
 ただし、他のサービスに係わる特別管理加算を算定している場合は、別の特別管理加算を算定することはできません。
 また、訪問看護における特別管理加算は、支給限度額管理の対象外の算定項目です。
⑫ターミナルケア加算「死亡日及び死亡日14日以内に2日以上の場合2,000単位を加算」
 ターミナルケア加算は、平成24年度改定で要件が緩和され、死亡日及び死亡日前14日以内に2日以上(死亡日及び死亡日前14日以内に医療保険による訪問看護の提供をうけている場合は1日以内)ターミナルケアを実施した場合は、2,000単位の加算となりました。
 ただし、医療保険のターミナルケア加算を算定する場合には、算定できません。
⑬主治医から特別指示(書)があった場合の減算
主治医から特別指示(書)があった場合の減算
 訪問看護ステーション、病院又は診療所から訪問看護を利用している者が急性増悪等により、主治医(介護老人保健施設の医師を除く)から一時的に頻回の訪問看護を行う必要がある旨の特別指示(訪問看護ステーションでは特別指示書の交付)があった場合は、交付の日から14日間を限度として医療保険の給付対象となることから、訪問看護費は算定しません。
 また、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所と連携して訪問看護を行う場合は、指示の日数に応じて、1日につき96単位を所定単位数より減算します。

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。

【掲載】2013年11月01日