吉富薬品株式会社

医療関係者向け

医療関係者向け

新着情報一覧

  1. HOME
  2. 新着情報一覧
2020.07.31
オンライン服薬指導 解禁へ!
~課題山積の中で「外来」「在宅」・2種類の調剤報酬が誕生 を掲載
オンライン(遠隔)服薬指導が、2019年12月4日の薬機法公布から1年以内に解禁されます。ここではすでに、国家戦略特別区で実証実験に参加した保険薬...
2020.07.10
オンライン服薬指導について を掲載
改正薬機法により、令和2年9月から一定要件の下で「オンライン服薬指導」が全国で解禁されることとなりました。ここでは、オンライン服薬指導の経緯...
2020.07.10
動き出した「介護医療院」
~報酬誘導により急増する中、見えて来た課題とは? を掲載
医療・介護・住まいの3つの機能を併せ持った新たな介護保険施設として、2018年の介護保険制度の改正で「介護医療院」が創設されました。ここでは「介...
2020.06.26
インタビュー:医療機関向け設備投資減税の全貌
消費税率10%引き上げに伴い、拡充・新設された3本建て設備投資減税について を掲載
設備投資の消費税負担が病院経営を圧迫するリスクを軽減するため、消費税10%引き上げに伴って3本建ての設備投資減税が導入されました。ここでは、税...
2020.06.12
産後メンタルケア:円滑な母子保健−精神保健連携をつくる を掲載
妊産婦のメンタルケアへの取り組みを推進することを目的に、平成30年度の診療報酬改定で「ハイリスク妊産婦連携指導料」が新設され、今後より一層、母...
2020.05.29
新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて を掲載
4月初旬~5月中旬までに発出された「新型コロナウイルス感染症に関する行政からの通知・事務連絡等」について、整理し、まとめてみました。ここでは...
2020.05.29
「働き方改革」の推進で位置づけられた「タスク・シフティング」の拡充と診療報酬の動向 を掲載
2020年度 診療報酬改定では、「医療従事者の負担軽減、医師等の働き方改革の推進」が重点課題としてあげられました。ここでは、医療ジャーナリストの冨井 淑...
2020.05.15
令和2年・精神科 診療報酬改定の新機軸をピンポイント解説 を掲載
2020年度 診療報酬改定での精神科系医療機関に係る項目で、特に注目される新機軸をアトランダムにピックアップし、医療ジャーナリストの冨井淑夫氏の取材によ...
2020.04.17
精神科病院における新型コロナウイルス感染症対策 <2020年3月28日現在> を掲載
我が国におけるCOVID-19の発生状況にはかなりの地域差があり、今後も各地域で罹患患者の発生および増加、停滞、減少、再増加などを繰り返しながら、状...
2020.04.17
児童虐待(マルトリートメント)と精神科医療関係者とのかかわりについて −虐待の脳科学から視えてきたこと− を掲載
児童虐待のニュースが流れる度に、自分たちには関係ないと思っている親御さんが多いと思われます。確かに暴力など見えやすい虐待はレアなケースですが...
2020.04.10
令和2年度 診療報酬 改定速報(5)~疑義解釈資料1(医科診療報酬点数表・訪問看護療養費)~ を掲載
2020年3月31日に厚生労働省から発出された、令和2年度 診療報酬改定 疑義解釈資料(その1)から、医科診療報酬・訪問看護療養費について、ご紹介しま...
2020.04.06
令和2年度 診療報酬 改定速報(4)~調剤報酬改定~ を掲載
2020年3月5日に厚生労働省から発出された令和2年度 診療報酬改定のうち、調剤報酬の改定について、ご紹介します。
2020.04.06
令和2年度 診療報酬 改定速報(3)~精神科にかかわる外来・在宅医療等の主な項目~ を掲載
2020年3月5日に厚生労働省から発出された令和2年度 診療報酬改定のうち、精神科にかかわる外来・在宅医療などの主な項目について、ご紹介します。
2020.04.01
サイトリニューアルのお知らせ
いつも「e-らぽ~る」をご利用いただき、ありがとうございます。4月1日、ウェブサイトを全面リニューアルいたしました。主なリニューアル点は、以下を...
2020.03.31
令和2年度 診療報酬改定 速報(1)(2) を掲載
精神科医療ニュース「MMSニュース」では、No.165 速報(1)として「令和2年度診療報酬改定の概要等」について、No.166 速報(2)として「精...
2020.03.27
障害者総合支援法 第6章「訪問系サービス」を更新
自立支援給付は、介護給付や自立支援医療などで構築されています。利用者1人1人の支援計画に基づいて「日中の活動」を一つないし複数組み合わせて選択、要望に...
2020.03.13
障害者総合支援法 第5章「地域生活支援事業と障害福祉計画、相談支援等」を掲載
地域生活支援事業は、障害者が基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい日常生活又は社会生活を営むことができるよう、地域の特性や利用者の状況に応じ...
2020.02.28
障害者総合支援法 第4章「自立支援医療(精神通院医療)」を掲載
平成18年4月1日から、精神保健福祉法第32条に定められていた精神通院公費が、障害者自立支援法第58条の自立支援医療費に移行しました。第4章では、公費負担医療である精神通院医療についてご紹介します。
2020.02.14
障害者総合支援法 第3章「「居住系サービス」(住まいの場)」を掲載
精神障害者が係わる「居住系のサービス(住まいの場)」として、共同生活援助(グループホーム)事業・福祉ホーム・自立生活援助事業や、日中活動系サービスである短期入所(ショートステイ)事業についてご紹介します。
2020.01.31
障害者総合支援法 第2章「訓練系・就労系サービス(日中活動の場)」を掲載
平成30年4月1日に施行された「障害者総合支援法及び児童福祉法の一部を改正する法律」では、就労定着支援事業等が新設されました。精神障害者が係わる「訓練系・就労系サービス」(日中活動の場)である自立訓練(生活訓練)事業、就労移行支援事業、就労継続支援事業、就労定着支援事業について紹介します。
2020.01.17
障害者総合支援法 第1章「障害者総合支援法の概要」を掲載
「障害者総合支援法及び児童福祉法の一部を改正する法律」が平成30年4月1日に施行されました。今回の改正は、障害者が自らの望む地域生活を営むことができるよう、「生活」と「就労」に対する支援の一層の充実や高齢障害者による介護保険サービスの円滑な利用を促進するための見直しを行うとともに、障害児支援のニーズの多様化にきめ細かく対応するための支援の拡充を図るほか、サービスの質の確保・向上を図るための環境整備等を目的とされています。
2019/12/13
精神科医療ニュース 「MMSニュース No.164 障害者 雇用促進法の一部改正(令和元年)」を掲載
平成31年3月19日に第198回通常国会に提出された「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)の一部改正する法律案」は、同年5月16日に衆議院にて可決、同年6月7日に参議院にて可決・成立し、6月14日に公布・一部施行されました。No.164では、障害者雇用促進法の一部改正 における障害者雇用をめぐる現状及び課題と対応(令和元年「障害者雇用促進法の一部改正」の概要)について紹介しています。
2019/11/22
精神科を取り巻く環境 「妊産婦のこころを支える~産科と精神科との連携体制~」を掲載
妊娠中のメンタルヘルスが子どもの発達に長期的な影響を及ぼすかどうか、近年の海外でもまだ報告はされていませんが、妊産婦の周産期メンタルヘルスに関するヘルスリテラシーは、いまだ十分とはいえません。そのためにも、妊産婦のメンタルヘルスの悪化に対して精神科医がどのように対応するかを検討する必要があります。ここでは、妊産婦のこころを支えるための産科と精神科との連携体制について、ご紹介します。
2019/11/08
精神科医療ニュース 「MMSニュース No.163 精神保健福祉士 養成カリキュラムの見直し」を掲載
精神保健福祉士を取り巻く環境の変化を踏まえ、新しい状況に的確に対応できる人材を育成することを目的に、平成30年12月から「精神保健福祉士の養成の在り方等に関する検討会」が開催され、精神保健福祉士の役割やカリキュラムの見直し等について検討が行われてきました。No.163では、精神保健福祉士養成課程における教育内容等の見直しについて紹介しています。
2019/10/25
精神科医療ニュース 「MMSニュース No.162 令和元年度 診療報酬改定」を掲載
平成30年12月17日の厚生労働大臣と財務大臣との折衝を経て、「消費税の引上げ(10%)への対応」として、診療報酬改定(改定率+0.41%)、薬価(改定率▲0.51%)及び材料価格(改定率+0.04%)の改定が令和元年10月1日から行われました。No.162では、令和元年度診療報酬改定における告示(8月19日)等から精神科に係る主な改定内容について、紹介しています。
2019/10/04
精神科を取り巻く環境 「うつ病への反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の現状と課題」を掲載
国内のうつ病の患者数は、およそ100万人超と見積もられ、就労・就学の妨げや自殺の誘因となるため、その社会的な損失は大きくなっています。薬物療法は、ガイドラインに準拠し、個々の症例に応じて段階的に進められていますが、約1/3の患者は複数の抗うつ薬によっても寛解に至らないことが報告されています。このような患者への新規治療法に対する医療ニーズは大きく、さまざまなモダリティーの医療機器(rTMS等)が研究開発されています。rTMSの現状と課題について、ご紹介します。