Home > 精神科医療制度・法律 > 精神科病院とは (PAGE 1)

精神科病院とは

1.医療法上の精神科病院の位置づけ

医療法上における精神科病院の位置づけ
【解説】
  1. 病床数が19床以下の医療機関は診療所、20床以上の医療機関は病院となります。
  2. 医療法では、上記の通り5種類(①精神病床、②結核病床、③感染症病床、④療養病床、⑤一般病床)の病床種別が定められており、病院の開設や診療所に病床を設けようとする場合及び病床数や病床の種別を変更しようとする場合等は、都道府県知事等の許可を得る必要があります。また、有床診療所の病床は、一般病床又は療養病床の許可を得ることになります。
  3. 精神病者を収容する施設というイメージを払拭するため、平成18年12月23日に「精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律」が施行され、精神保健福祉法、障害者自立支援法等の「精神病院」という用語を「精神科」という診療科名を用いて、「精神科病院」という用語に改め、精神科医療機関に対する国民の正しい理解の深化を促すとともに、患者が受診しやすい環境づくりが図られています。そのため、精神科病院は精神病床(精神疾患を有する者を入院させるための病床)を有する精神科医療を担う病院となります。
  4. その他、医療法では、①特定機能病院(高度な医療提供、高度な医療技術の開発・評価・研修を行う病院)、②地域医療支援病院(救急医療の提供、施設やMRI等高度医療機器の共同利用、地域医療従事者の研修等の機能を通じ、地域医療の確保のために地域医療機関の支援を行う病院)が定められています。
  5. 病床種別ごとの入院患者又は外来患者(取扱い処方せん)に対する人員配置基準は、図1のようになります。

【図1 人員配置基準】

図1 人員配置基準

 精神科病院、一般病院の医師数、看護職員数(看護師及び准看護師数)、薬剤師数は、図2の式で算定されます。
 医師数は、図2のA及びBが52までは3人、A及びBが52を超える場合は図2の式で算定されます。例えば、100床の精神病床で、かつ、外来患者が1人もいなければ、一般病院は6人必要となりますが、精神科病院は一般病院とは異なり、入院患者数を3で除して計算するため、3人でよいことになります。
 看護職員数は、一般病院は入院患者3人に対して看護職員が1人必要となりますが、精神科病院は入院患者4人に対して看護職員を1人配置すればいいことになります。なお、当分の間、看護職員は、患者5人対して1人の基準を確保し、看護補助者と合わせて患者4人に対して1人の基準でも認められています。
 薬剤師数は、一般病院は入院患者70人に対して1人必要となりますが、精神科病院は入院患者150人に対して1人配置することが必要です。

【図2 医師数・看護職員数・薬剤師数の算定式】

図2 医師数・看護職員数・薬剤師数の算定式
【留意点】
  1. 精神科には精神療養病棟入院料を算定する診療報酬上の病棟がありますが、医療法での療養病床には該当しません。
  2. 厚生労働省の病院報告(平成21年)では、精神病床を有する病院は1,667軒で、精神病床のみを有する精神科病院は1,082軒です。また、私的な精神科病院で組織されている日本精神科病院協会の会員病院数は1,213軒(平成22.4.1現在)です。